一般社団法人日本臨床検査学教育協議会

日本臨床検査学教育学会について

日本臨床検査学教育学会について

一般社団法人日本臨床検査学教育協議会(以下協議会)では、会員校および所属する個々の教員の教育・研究の資質向上を図り、臨床検査学および臨床検査技師教育・研究を発展させるために、2006年に日本臨床検査学教育学会(以下学会)を発足しました。

学会の会員には学術会員、学生会員、学術賛助会員、特別会員、名誉会員の5種類があります。学術会員とは協議会正会員の教育機関に所属し臨床検査学の教育・研究に携わっている者で所定の手続き経た者、学生会員は協議会正会員の教育機関学生に学籍のある者、特別会員は本学会開催の学術大会などに特別に参加することを認められた主に臨床検査に関連した者です。

2006年8月には、第1回日本臨床検査学教育学会学術大会を開催いたしました。その後毎年学術大会を開催しています。学術大会では、会員あるいは会員外の専門家による臨床検査学および臨床検査技師教育に関する教育講演、シンポジウム、ワークショップ、教員研修会を行うとともに、一般演題の発表を行っています。一般演題は教員による臨床検査学および臨床検査技師教育の質向上に関する教育方法・実習方法の改善・工夫など、さらにそれらに対する学生アンケート結果や評価などを発表する教員セクションと、3年制専門学校・短大および4年制学部学生の教育関連発表・研究成果発表および大学院生の研究成果発表の学生セクションに分かれております。例年学生セクションでは3年制、4年制学生および大学院生別に優秀発表賞を選出し、臨床検査を学ぶ学生の教育・研究に対するモチベーションの向上を目的としています。さらに、2013年の第8回学術大会からは教員の教育分野別に科目別分科会を設置し、専門分野別の教育および実習に関する問題について意見交換や検討を続けています。

以上のように臨床検査学および臨床検査技師教育を実践している教員は日本臨床検査学教育学会への参加を通じて、教員間の交流を図るとともに教育の改善・研究の発展に寄与し、臨床検査を通じてわが国の医学・医療・健康・保健・福祉の向上に努めています。協議会会員校ならびに学会会員の皆様方の絶大なるご協力をお願いいたします。

学術大会 開催一覧

回数 会期 大会長(所属) 会場 ポスター
1 平成18年
8月23日~25日
加藤 亮二
(香川県立保健医療大学)
東京医科歯科大学
2 平成19年
8月27日~29日
加藤 亮二
(香川県立保健医療大学)
香川県県民ホール
3 平成20年
8月20日~22日
大澤 進
(九州大学)
九州大学医学部
百年講堂
4 平成21年
8月19日~21日
佐藤 健次
(東京医科歯科大学)
東京医科歯科大学
5 平成22年
8月17日~19日
木田 和幸
(弘前大学)
弘前大学大学院保健研究科
6 平成23年
8月18日~20日
渡邊 正友
(新潟医療技術専門学院)
新潟大学医学部保健学科
7 平成24年
8月22日~24日
寺平 良治
(藤田保健衛生大学)
名古屋国際会議場
8 平成25年
8月26日~28日
岩谷 良則
(大阪大学)
大阪大学
コンベンションセンター
9 平成26年
8月20日~22日
山藤 賢
(昭和医療技術専門学校)
東京都大田区産業プラザ ポスター
10 平成27年
8月19日~21日
奥村 伸生
(信州大学)
信州大学医学部
地域保健推進センター
ポスター
11 平成28年
8月31日~9月2日
坂本 秀生
(神戸常盤大学)
神戸常盤大学
神戸国際展示場
ポスター
12 平成29年
8月23日~25日
松下 誠
(埼玉県立大学)
埼玉県立大学 ポスター
13 平成30年
8月17日~19日
山口 博之
(北海道大学)
北海道大学
学術交流会館
ポスター
14 令和元年
8月21日~23日
古閑 公治
(熊本保健科学大学)
熊本保健科学大学 ポスター
日本臨床検査学教育学会について